• ホーム
  • ミノマイシンはヘルペスの治療に有効?

ミノマイシンはヘルペスの治療に有効?

顔の皮膚にニキビができた時に皮膚科クリニックで診てもらうと、外用薬の他にも治療薬(飲み薬)が処方される場合があります。重度の赤ニキビを治療する目的で、ミノマイシン(ミノサイクリン錠)という内服薬が使用されます。ミノマイシンの有効成分はアクネ菌を殺菌する作用があるので、ニキビの治療にも有効だからです。

口唇ヘルペスが顔の外側に発症した場合も、皮膚の表面に強い痛みをともなう腫れや水ぶくれができます。自覚症状や見た目はニキビと似ているのでミノマイシンを飲めば効果があると思われがちですが、ヘルペスは細菌感染症ではないのでミノマイシンのような抗菌薬を服用しても効果はありません。ヘルペスの病原体は単純ヘルペスウイルスなので、治療をするためには抗ウイルス薬を服用する必要があります。もしもミノマイシンを飲んで顔の表面にできた腫れが治まったとすれば、口唇ヘルペスではなくて細菌感染症が考えられます。抗菌薬のミノマイシンと抗ウイルス薬は全く別の薬なので、症状の原因ごとに適切な薬を選ぶ必要があります。

ヘルペスになった時に抗菌薬のミノマイシン(ミノサイクリン錠)を飲んでも効果がありませんが、副作用が出る場合があるので注意が必要です。ミノサイクリンを服用すると、副作用としてヘルペスウイルスを活性化させてしまう場合があります。これは薬剤性過敏症症候群と呼ばれる症状(副作用)で、薬の影響で発熱やリンパ腺の腫れなどが起こった際にウイルスが増殖を開始してしまう症状です。

この感染症ができた時にミノマイシンを飲んで薬剤性過敏症症候群を発症すると、ウイルスが活性化されて症状がさらに悪化する危険性があるので注意が必要です。ウイルスが活性化すると皮膚の症状だけでなく、発熱・倦怠感・吐き気などの全身症状が出てしまう恐れがあります。一般的に抗菌薬を服用し続けると免疫力が弱くなる場合があるので、特に注意が必要です。

口唇ヘルペスとニキビは患部の見た目や自覚症状の点で似ていますが、病原体の種類が違うので全く別の病気です。顔の皮膚に口唇ヘルペスができた時にニキビ治療薬のミノマイシンを飲んでも、治療効果は期待できないということを知っておきましょう。効果がないだけでなく、ウイルスが活性化して症状を悪化させてしまう恐れがあるので注意が必要です。顔の表面に痛みをともなう水疱や炎症ができたときは、原因を調べてから適切な治療薬を選んで服用することが大切です。