• ホーム
  • ヘルペスが再発した時によく見られる兆候と適切な対処法とは?

ヘルペスが再発した時によく見られる兆候と適切な対処法とは?

危険なウィルス

単純ヘルペスウイルスに感染すると神経の内部に潜伏し続けて、免疫力が弱くなると活動を開始して再発することが知られています。一度ウイルスに感染すると、何度も再発と治癒を繰り返すことになります。ヘルペスが再発すると、口内・口の周辺や性器に病変が生じて強い痛みの症状が出ます。

性器・口唇ヘルペスが再発する場合は、いくつかの段階を経て発症して治癒に至ります。ヘルペスが再発する場合は、前駆症状・微小な水疱(水ぶくれ)・水疱が結合した膿の塊(びらん)の順番で発症します。びらん(潰瘍)の状態が1~3週間にわたり続いた後に、最後にかさぶたに変化して治癒します。何の前触れもなく痛みをともなう潰瘍が突然出現するようなことはなく、再発する直前になると特徴的な兆候があらわれます。

ヘルペスが再発するのは、体の免疫力が弱くなっている時です。何度も再発を繰り返すうちに病原体に対する抗体が作られるので、十分な免疫力があればウイルスが活動を開始したとしても発症することはありません。発症する際は、皮膚の表面に水疱(水ぶくれ)ができる直前に強い痒みの症状や違和感を感じるようになります。患部に痒みの症状が半日~1日ほど続いた後に、小さな水疱(ボツボツ)ができます。発症初期は患部に微小な水疱がたくさんできますが、この段階では痛みよりも痒みを感じることが多いです。

ヘルペスが再発する時は皮膚の表面に痒みや違和感などの前兆現象が起こるので、注意をしていれば気づくことができます。痒みなどの兆候を感じた段階ですぐに有効な治療薬(抗ウイルス薬)を服用して治療を開始すれば、痛みの症状を予防することができる場合があります。仮に発症したとしても、早めに治療をすることで短期間で治癒させることができます。ヘルペスが再び発症する際は特徴的な兆候があらわれるので、この段階で適切な対処をおこなって治療薬を服用することが大切です。

ヘルペスの症状が発症する原因として、体の免疫力が低下しているが考えられます。発症を防ぐためには、免疫力が弱くならないようにすることが大切です。疲労・睡眠不足・不規則な生活・偏った食事・ストレスなどは、いずれも体の免疫力を弱めてしまう要因です。免疫力を低下させないようにするためには、日頃の生活に気をつけることが大切です。免疫力が弱くなると風邪をひきやすくなることがあり、このような時はヘルペスにも十分注意を払う必要があります。