• ホーム
  • バルトレックスでヘルペス治療をする際はどのくらいの期間が掛かる?

バルトレックスでヘルペス治療をする際はどのくらいの期間が掛かる?

頭を抱えている男性

ヘルペスの治療のためにバルトレックスを服用する場合の標準的な治療期間ですが、再発時であれば5日間です。ウイルスに初めて感染した際は抗体を持っていないので、重症化するケースがあります。初感染の際に発熱・倦怠感やリンパ腺が腫れるなどのように重症化するような場合は、最長10日間まで治療期間を延長することができます。

ヘルペスが治るまでに必要な期間ですが、再発時の発症初期に服用開始して十分な効果が得られたら3~5日程度で症状が治まります。初感染で重症化した場合は、症状が改善されるまでに7~10日ぐらいの期間がかかります。いずれにしても、発症後24時間以内にバルトレックスの服用を開始してきちんと薬を飲み続けることで、おおむね1週間以内に治すことができます。完治するまでの期間は、薬を飲み始めるタイミング・免疫力・抗体の有無などによって大きな違いが出ます。

ヘルペスが発症した際にバルトレックスを飲まずに自然に治るまで放置すると、痛みの症状が治まるまでに1~3週間ほどかかります。再発時でも免疫力が低下していると重症化する恐れがあり、口唇ヘルペスが発症して数日後に性器でも発症するといったケースもあります。症状が長引くとリンパ節が腫れて、リンパ腺がある場所の皮膚に湿疹ができる場合もあります。ヘルペスは自然治癒させることが可能ですが、重症化したり症状が長引く危険性があるので注意が必要です。

発症中はチクチクする痛みの症状が続くので、症状が改善されるまでの間は精神的にも大きな負担になります。症状が長引くと長期間にわたり患部からウイルスが放出されるので、他の人に病気をうつしてしまうという問題もあります。ヘルペスが口内炎の形で発症すると食事に支障をきたすようになり、栄養が偏って免疫力の回復が遅れてしまう恐れがあるので注意が必要です。栄養が偏っている場合は、サプリメント(栄養補助食品)やビタミン剤を活用することで免疫力を高めて治癒を早めることができます。

基本的にヘルペスは再発を繰り返すうちに体内で抗体が作られるので、再発しても症状が軽くなることが多いです。ただし、免疫力が低下していると重症化する恐れがあるので、再発時でも早めにバルトレックスを飲んで治療をすることが大切です。バルトレックスを正しく服用することで治療期間を半分以下に短縮することができるので、自然治癒を期待しないで積極的に治療をするようにしましょう。また使用方法や効果が詳しく記載されている、バルトレックスの通販サイトをチェックするようにもしましょう。