薬を飲む男性と頭を抱える男性
病原体

性器ヘルペスは日本国内でポピュラーな性感染症のひとつで、毎年約9千人もの患者が病院や診療所で診断されています。発症しても自然治癒するので病院に行かない人も多く、実際にはもっと多くの人が罹っていると考えられます。

ヘルペスになる原因は、人体に感染して神経の中で潜伏している単純ヘルペスウイルス(HSV)が何らかのきっかけで活動を開始して増殖をすることです。発症すると、口の周辺・口内や性器の周辺の皮膚に水ぶくれや潰瘍(びらん)ができます。発症中はチクチクする強い痛みの症状が出て、粘膜の部分に発症すると食事や排尿時に痛みや不快感を感じるようになります。単純ヘルペスウイルスは1型と2型の2種類がありますが、両方とも皮膚に強い痛みをともなう病変を生じます。1型は上半身(口唇)、2型は下半身(性器)に発症することが多いですが、発症する部位が明確に分かれているという訳ではありません。

単純ヘルペスウイルスは人から人にうつることがあり、体の外側の皮膚や粘膜にウイルスが接触すると微小な傷を通過して血管に侵入して感染します。発症していない間であれば、病原体(HSV)は神経の内部で“冬眠”を続けるのでウイルスが放出されることはありません。発症すると患部の表面から膿とともに大量のHSVが放出され、他の人に感染する恐れがあります。ヘルペスは非常に感染力が強く、大半の人が成人になるまでに1型のウイルスに感染しています。

単純ヘルペスウイルスの主な感染経路ですが、唾液などの飛沫感染・病変部との接触感染・性分泌物などが考えられます。口内炎を発症することが多い1型のウイルスであれば、会話やくしゃみなどの飛沫感染を起こすケースが少なくありません。このため、大半の人は子供の頃に1型のウイルスに感染しています。

2型のヘルペスウイルスは性器に発症することが多く、感染経路として性交渉の際に患部に接触したり性分泌物などが考えられます。発症していなくても体内でウイルスが活動を開始して増殖する場合があり、不定期に精液とともに病原体が排出されることが知られています。このため、性器性交やオーラルセックスが原因でウイルスに感染するケースが非常に多いです。

1型の単純ヘルペスウイルスは子供の頃に感染するケースが多く、ほとんどの人が口内炎を発症した経験を持っています。これに対して2型の単純ウイルスは性交渉が原因で感染するケースが多く、全ての人が感染している訳ではありません。性交渉でうつることが多い2型の単純ヘルペスウイルスについては、感染を防ぐことが可能です。